Jet air slx 14

HondaJet (ホンダジェット)は、 本田技研工業 並びに ホンダエアクラフトカンパニー が開発、ホンダエアクラフトカンパニーが製造と販売をする ビジネスジェット 機( 超軽量ジェット機 )である。主翼上に位置する ジェットエンジン の配置が最大の特徴で、エンジンも自社製(厳密には ゼネラル・エレクトリック 系とHonda系の合弁会社である GE・ホンダ・エアロ・エンジン による開発・製造)という世界的にも珍しい機体構成となる。

1962年 ( 昭和 37年)に本田宗一郎が航空機事業への参入を宣言し、1964年に航空事業のノウハウを収集するため 本田航空 を設立。 1986年 (昭和61年)には 和光基礎技術研究センター を開設し秘密裏に航空機の技術研究を開始する [1] 。 1989年 ( 平成 元年)には アメリカ合衆国 en:Mississippi State Universityミシシッピ州立大学 ラスペット飛行研究所と提携するなど、海外との技術交流も行った。初めて開発された小型実験機 MH02 は、 1993年 (平成5年)に他社製エンジンを搭載しての飛行に成功している。

1997年 (平成9年)、後に初代ホンダエアクラフトカンパニー CEO となる設計者の 藤野道格 が同年に描いたエンジンが主翼上に配置されたスケッチを元に、エンジンを含めすべて自社製のビジネスジェット機 となる HondaJet の開発を正式に開始した [1] [2] 。

Foto:

Video: